まいにちの食卓に まいにち使えるこめ油を いつも食卓にお届けします


安心・安全の植物油「こめ油」

 三和油脂のこめ油は、自然の恵みをいっぱいに受けて育った玄米の米ぬかから生まれた植物油です。 軽くてさらっとした味わいが特徴で「水のような油」です。 玄米由来の栄養成分を含む美味しい油です。

 こめ油は生食(ドレッシングなど)でのご使用はもちろんのこと、 加熱調理にも最適で毎日の調理には欠かすことのできない油です。 学校給食の調理油としても広くご使用いただいております。 

 こめ油の原料となる米ぬかは鮮度が命です。原料の米ぬかは精米された直後から酸化が進んでいきます。 より新鮮な原料を集めるために米どころの東北に自社工場を3ヶ所構え、鮮度が落ちないうちに 米ぬかから油分を抜き取り、品質の向上に努めているんです。


 こめ油は米ぬかから油を搾っただけでは、食用として流通させることができません。 米ぬか原油中に含まれているぬかなどの固形物、ロウ分や酸化した油分などを取り除き、 良質な油の部分のみをこめ油として製造していきます。 そして、様々な厳しい検査をクリアしたものだけが充填作業に進みます。 充填作業も陽圧管理されたクリーンルーム(室内に外部の空気が流入しないように気圧を高くした部屋)で充填しています。 油には水分がないため菌の発生はないのですが、異物混入対策なども万全で行い安心・安全な製品をお客様にお届けしています。

  



こめ油でお料理をもっとおいしく、簡単に

 

 揚げ物をしていると、種や衣から水分が蒸発して泡立ちますが、これが揚げむらや油っぽさの原因となります。 こめ油はその泡立ちコーン油に次いでが少ないため、揚げ物がカラッとあがり油っぽさがなくなります。 また、こめ油とコーン油は酸化に強く風味やお料理のおいしさを長持ちさせるという検査結果も出ているようです。
 油は酸化してしまうと、風味が落ち体に良くない成分が発生してしまう場合がございます。 こめ油は他の油と比べると酸化に強く、安定性が強いことが特徴とされています。また、こめ油で調理した際のお鍋の付着量を調べてみると非常に少ないため、 汚れが付きにくく、すぐ落ちるため毎日のお料理がもっと美味しく、楽しくすることができるかもしれません。




 現在、料理に使う油はオリーブオイルやごま油、さらにココナッツオイルやエゴマ油など体にいいとされる健康油に注目が集まっています。 しかし、それらの油は独特の風味やクセがあって日々のお料理に生かせなかったり、長続きしなかったりなどそんな思いをしたことがありませんか? 軽くてさらっとした味わいが特徴のこめ油はクセがなく、食事の味を邪魔せず旨味を引き立てる「水のような油」です。 

 今まで使っていた食用油と同じように、揚げ物や炒め物などの加熱料理から、サラダのドレッシングとしての生食用としても 用途を選ばずに自由に使えるのが一番の特徴です。

 一度こめ油をお試ししてみませんか?


商品ページはこちら

CALENDARカレンダー

2021年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年01月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 定休日