CATEGORY西洋梨

「ラ・フランス」は山形県全国No.1の生産量を誇る果物です。 その魅惑的な芳しい香と果汁が滴る綿密な肉質をぜひご賞味ください。


芳醇な香り、果汁滴るとろける果肉

別名「バターベア」とも呼ばれる「ラ・フランス」。 追熟させて実を柔らかくさせることで とろけるような滑らかな舌触りを楽しむことができます。

貯蔵性にも優れ、冷蔵保管すれば翌年まで食べられます。 数多くいる契約生産者の中から、 さらに厳選した生産者より選りすぐりのものをお届けします。

「ラ・フランス」は今でこそ西洋梨のトップシェアを誇る品種ですが、 かつては追熟の難しさや外見があまりよくないなどの理由から 注目されていませんでした。
ですが、昭和60年頃に追熟技術が進んだことでラ・フランスのおいしさが認知され どんどん需要が伸び始め人気品種となり、 今では「果物の女王」と評されるほどの人気品種となりました。 ぜひ一度ご賞味ください。








山形県生まれの西洋梨「シルバーベル」。 西洋梨生産日本一の山形県でラ・フランスに次ぐ人気品種です。 まろやかな甘みとほんのりとした酸味が絶妙な味わいをお楽しみください。


山形生まれの西洋梨、シルバーベル

シルバーベルは1957年に山形県園芸試験所でラ・フランスから育成された品種です。 いわゆるラ・フランスの妹分のような品種です。

シルバーベルはラ・フランスと比べると1玉の大きさが非常に大きく、細長い形をしています。 大きさは平均で450g前後ほどあり、大きいものですと重さが700g以上のものもあります。

果肉は綿密でジューシーで、ラ・フランスと同じような柔らかい西洋梨特有の食感が楽しめます。 強い甘さとともに程より酸味が加わり全体的に芳醇で濃厚な味わいを感じます。 ラ・フランスと比べると酸味が少し強くなった品種です。 ですが、酸味以上に甘さが強いため、けして酸っぱい味わいではありません。
ちょうどクリスマス頃に食べ頃を迎えるシルバーベル。 この時期、大切な方へのお歳暮やギフトにもおすすめです。 ぜひ一度ご賞味ください。

保存方法とお召し上がり方


保存方法

・ラ・フランスは熟しても果皮の色があまり変わらず、香も強く漂わないため 食べごろか否かの判断をするのが少し難しい果物です。 一般的には軸にシワがより、軸の周りにかすかに柔らかさを感じたら 食べ頃のサインです。 常温で7日~12日頃経過したものも食べ頃の時期とされています。


・シルバーベルは食べ頃になると、果皮全体が黄色味を帯びてきます。 軸の周りにしわがより、果実の表面を指で軽く押してみて柔らかさを感じると食べ頃です。 完熟するまでは冷蔵庫等に入れず、常温で追熟を見守ってください。 また皮に茶色い点々(果点)やサビが出ていることもありますが、 これはシルバーベルやラ・フランスの特徴なので召し上がる際には問題ありません。

お召し上がり方

・召し上がる直前に冷蔵庫で2~3時間ほど冷やしていただくと、 よりおいしく召し上がっていただけます。 そのまま皮をむいて召し上がっていただくのはもちろん ジャムやコンポートにしたり、ケーキやタルトなどの トッピングなどにもおすすめです。


・りんごのようにカットして召し上がっていただくのがおすすめです。 4等分にカットしてから、皮をむくと食べやすいかもしれません。 また、シルバーベルは非常に大玉ですので、さらに半分に切って1/8サイズにするとより召し上がりやすくなります。
・シルバーベルは適度な酸味がありますので、ジャムやシロップ漬けなどにも適しています。 ケーキやタルトなどのトッピングに利用してもよいでしょう。



商品には限りがございます。気象条件等によりご注文を受けられない又はご注文を締め切らせていただく可能性がございますので 予めご了承ください。
出荷時期は天候の都合などによりずれる場合がございます。予めご了承ください。


CALENDARカレンダー

2023年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
2023年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2023年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 定休日